クレームの中からニーズを見出す

一不動産会社が仲介業というものを業務として行っていく上で避けては通ることができない業務のひとつというのは『クレーム処理・対応』ではないでしょうか。入居者の全員が満足するサービスはあり得ません。大多数の入居者が満足するサービスでも一部の入居者には不満が必ずあります。井山一男さんの不動産会社でも例外ではないでしょう。しかし、そのクレームの中から『顧客・入居者のニーズを探る』ことを、こちらの不動産会社は行っているそうです。この考えは社長である井山一男さんご自身がそう考えていることであり、その考えを会社のスタッフに伝えているそうです。数々のクレームの中から『ニーズ』を見つけ、クレームを未然に防いだりサービスとして提供したりしていくことは生易しいものではありません。しかし地元の土地と物件に明るい井山一男さんが社長をしている不動産会社では、難しいことを一つ一つこつこつと継続していく姿勢を持ってクレーム処理やクレーム対応にあたられているそうです。

入居中発生したトラブルの対処法を調べる

どこの不動産会社の賃貸物件に入居しても発生する可能性が高いことですが、入居している時の入居スペースでのトラブルは処理や対応が大変な作業となります。入居スペース以外の人物や物が関わらない分、トラブルが根深かったりするからです。井山一男さんの不動産会社でも、事情は他の不動産会社とそう変わらないのではないでしょうか。井山一男さんの不動産会社のホームページには早急な補修や修理、当事者間で解決できないトラブルなどでも「物件によって」となってはいますが、サポートや緊急時に24時間受け付けができるようになっています。しかし入居者自身で解決できることは解決してほしい旨の記載もされていて、24時間サポートは土地や物件のオーナー向けのようです。入居スペースでのトラブルは入居者が解決できるものは解決してもらい、その他の専門分野が必要な修理や修繕、解決できない緊急トラブルなどを引き受けるという形は、井山一男さんの不動産会社だからこそできるのかもしれません。